カテゴリー: ゴロウデラックス

朗読の価値にやっと気づいた吾郎さん

gorogakuya

吾郎「あ、来てくれたんだ」

「泣き虫なまいき石川啄木」舞台観覧後、楽屋に差し入れの小島さんを黒の貴公子がお出迎えの想像図

小島「キャー///ごろーさ~ん!!!!オツカレサマデ~ス!!!では(シュタッ!逃走)」www

ちょいちょい小芝居を繰り出す小島さん、すげー好き(笑)

さてさて本日の課題著書は、小説『生まれたままの私を』。
作者は、シンガーソングライターの加藤ミリヤ(一瞬、中島美嘉に見えた)。

「女性の裸を専門に描いている22歳のヌード画家を主人公に、 愛を手なずけることのできない若者たちを描いた物語」とのことです。

まずミリヤさんのことがよくわからず、市場に飽和状態の「ここではないどこかへキミと行っちゃいたい」系のプチメンヘラシンガーと思ってましたので(ごめんなさい)
ちゃんと知っとこうと、wiki先生に聞いてみたよ!

1988年生まれ・23才(うをっ!思ったより若いな)愛知県出身。16才でデビュー。

自らCDジャケット等のビジュアルイメージ作りに関わったり、アパレルブランドのプロデュース等も手がけ、女子高生を中心に多大な人気を誇る。
ミリヤさんのビジュアルやファッションに感化された「ミリヤー」(出た)も多数存在するとのこと。

(たしかに街頭インタビューのギャル2人は、ミリヤさんか西野カナかトミーフェブラリーかっつー、イマドキのうり双子でしたね)

とまあ、ミリヤさんの経歴、大変華々しいのですが、
テレビの向こうの彼女は23才とは思えない落ち着きを備えた、儚さと芯の強さを持ち合わせた女性という印象。

ミリヤ「是非この番組で紹介してほしい…と思ったのは、お二人が朗読して下さるというのが」

小島「ちょっ…!!ちょっと吾郎さん聞いた?!続けてて良かったね…!!(涙)」w

吾郎「…嫌々やってただけなのにね」www

テンションUPでちょ~喜んでる小島さんに対し「まじで?そんな人もいるんだ」くらいの、朗読に全く価値を見出してない吾郎さんwwww

いやいや、朗読ってすごく新鮮だし、良いですよね!ミリヤさんに一票!!
お二人に朗読して頂けるなら、私も「Y字路のすべて」とか「坂道美学」とかそういう本を書いて番組に呼ばれたい(タモさんゴロデラに来ないかな、という希望)

それに一冊の本をその作者とともに、こんなに掘り下げて紹介する番組なんて他にないよ。私にとっても最近では、一週間で最も楽しみな時間だな、ゴロウデラックス!

ま結局、消極的だった朗読を褒められて照れる吾郎さん。顔、崩れてますよww

テーマといい、ジャケットの第一印象といい
金原ひとみか西加奈子か、あのあたりの路線かな?本屋で見かけたら、ちょっと覗いてみようと思います。

普段なら手に取らないような本を知るキッカケにもなって、大変お役立ちのゴロウデラックス★知らない世界をたくさん教えてくれてありがとうね!!

ただひとつ聞きたいのは
AD山田は、今後どうしていきたいの?
来週、拓哉にいさんに気合いを入れてもらうといい(笑)

広告