カテゴリー: 南極大陸

ツレさんと氷室さん。

本日「ツレがうつになりまして。」を観てまいりました!
そして帰宅し「南極大陸」鑑賞。

秋の堺雅人フェア~開催中(1人で)

ツレさんと氷室さん。

真逆の2人に見えて、
どちらも真面目で、真面目過ぎる人。

片方は相手の要求を全て自分の中に受け止め
片方は相手を拒絶することで、自分を守っている
その防護方法が、自分の許容範囲を越えた時、どうなるか。

映画を観る前に、内田樹の本を読んでいると
偶然にも「精神科にかかる人とかからない人の違い」といった内容の記事でした。

当たり前のようだけど、既婚者より独身者、大家族より核家族の方が自殺率が高いという統計が出ているそう。

1人で暮らしていくには
1人でルールをつくり、1人で暮らすことの意味を自分で見いだし
1人で全責任を負って、全ての問題を1人で解決しなければならない
それが、思っている以上に現代人にとっては重圧で
心の疲労の蓄積となり、その人を蝕んでいく

というのが内田先生の仰ってることでした(たぶん)

家族や、友達や、パートナーって、大切なんですね……しみじみ。

氷室さんも今は心の檻を閉ざしているけれども
面倒くさいほど密接に関係せざるを得ない越冬隊の、
家族とも言える仲間たちと過ごしていく生活の中で
きっと氷河が解ける春がやってくることでしょう(なんとなくまとめた)

もうね今日はなんだろうな……けっ…結婚したい(撃沈)
と痛切に感じました(涙)

あんな昭和家屋の縁側で
ツレさんとゴロゴロしたいなあ~~~……ふわ~~~

広告