カテゴリー: 映画その他

「困ったら『模倣犯』の顔するのやめなさい!!」

って、前ピーコさんに言われてたよね、中居さんw

ピースの顔は、むずかしいなあ。

映画監督の森田芳光さんが、亡くなられたと。
まだ若いのに……

中居さんファンなら皆さんご存知の『模倣犯』
当時、映画館で観た時は原作との違いにビックリ!おいおいずいぶん思い切って手を加えたなあ!なんか随分ピースがかっこよくなっちゃったねみたいな(笑)

批判も多い『模倣犯』映画ですが、私は好きです。宮部みゆきは大好きだけど『模倣犯』原作自体にそんなに思い入れもなかったし(スイマセン)

『(ハル)』も良かったな~。ふかっちゃんはホントにかわいかった~、なんというか、消えてなくなりそうな可愛さ。マシュマロ的な。

『39 刑法第三十九条』、若い堤真一と鈴木京香が、狭い取調室のなかでバトルを繰り広げる、隠れた名作なんだ!2人とも汗だくで至近距離!そりゃ私生活で恋にも落ちるよね……w

ちょっと落ち着いた若草物語かと思ってたら、豪華女優陣のかけあいが恐ろしくもなんだか笑える「渡鬼」のようだった『阿修羅の如く』や
『間宮兄弟』もよかったな~!蔵之介様と無我様のオタク兄弟って最強じゃないか!
去年はもちろん『武士の家計簿』!!堺さん!!すきです!!←
『の・ようなもの』『家族ゲーム』は大人になってからみて本当に凄いな、面白いことを考えるなあと…

けっこう、観てるものですね。私はあんまり映画に詳しくないし
監督の好き嫌いとかも、あんまりないんですが
これだけ面白く、たくさん観てたってことは、好きな監督さんだったのかもと思います。

観た映画を思い返してみると、なんといいますか、どれもこれも「空気が濃い」っていう印象があります。
とくに沈黙のシーンがなんだか濃密で、時間がすすむごとに濃度が上がっていくかんじというか。うまく言えませんが。

「中居さんって、綺麗な顔してるんだなあ」と初めて思ったのは、「模倣犯」でした。
中居さんのいつものイメージと、まったく違う面をみせてくれた作品と監督に、あらためて、ありがとうございます。
ご冥福を、お祈りします。

広告