カテゴリー: 蒼の乱, 劇団☆新感線

『蒼の乱』観劇ねたばれおえかきレポ!!

ちゅ

ちゅ

ヒヒーン!!

ao

蒼真さま(天海さん)出てきたとき

イイにおいしたよねぇ…?!!!!

誰かに確認したくてしょうがない事項です…

——————–

めくるめく夢の時間を過ごした晩から一夜あけ、感想をすこし!
舞台『蒼の乱』。

時は、平安時代。
中央集権の政のもとに、朝廷では貴族たちが贅沢三昧に暮らし
地方の民たちには税が重く課され、貧しい暮らしを強いられていた。

ある時、左大臣の屋敷での、豪華絢爛な宴でのできごと。
西の大陸、外つ国から流れてきた”渡来衆”が
華麗な曲芸や奇術で場を盛り上げるが
興のひとつであった筈の亀トが、突然の凶兆を示し
無惨にも、渡来衆たちはみな斬り殺されてしまう。

渡来衆の長である”蒼真”(天海祐希さん)と
親友”桔梗”(高田聖子さん)は
はるか東国、坂東から都に出てきていた一本気な武者
将門小次郎”(松山ケンイチさん)に間一髪のところを救われ
なんとか、都から逃げのびていく…

(公式あらすじを参考に、さわりの部分のご紹介)

観劇前は、宣伝ポスターからさわやかな風が吹いてくるような(*^-^)
天海さんの”蒼真”のイメージが強かったのですが
見終わってみると、”蒼”の名前を持つ蒼真の物語というだけでなく
あおい空と風と、大地に広がる草原とひとつになる
将門小次郎
(松ケンさん)の物語でもあったんだなと!

序盤に蒼真が『碧き蒼き海よ』という素敵な歌を歌うのですが
”蒼”という言葉には、風や海というイメージもわくけれど
青々としたみどりの草が広がる、大地の大海原
そういう意味もあったんだなと感じました。
ふたりでひとつの、あお!なんですね。

確かに一幕では「えっ!天海さん主演ではないのか」と驚きましたが
一幕は、小次郎。二幕では、蒼真。
蒼き炎の志が、小次郎から蒼真へと受け継がれて
うーん、受け継がれてというか
小次郎の縦糸に、蒼真の横糸が織りかさなっていくかんじかな
藍染めの。

蝦夷地出身のワタシ、エミシの装束といえば
深ーい藍染めに美しく意味のある紋様というイメージだったんですが
威厳と神聖さを感じさせる白木綿の長装束をまとった常世王(平幹二朗さん)
は、この世とあの世のあいだにおわすお方って感じで(≧∇≦)
あれ(;´▽`A“失礼になってる?いやでも、御年八十とは言われても信じられない
みなぎるパワーの平さんでいらっしゃるから、もうただ人ではナイ!
ということでお許しください。

そして常世王の手足となって縦横無尽に動きまわる
夜叉丸
(早乙女太一さん)•みずち(山本カナコさん)!!

藍やえんじがとってもキレイ!お二人とも肌が白いのでとてもよくお似合いです。
アイヌの人は、本州の人より色が白いんですよね。
それに黒々とした髪が美しい人達、なの、デス!
本当、エミシの衣装かっけーかった。思い出したい、思い出せない(´・ω・`)
「えっ?!!」と2度見してしまった、小次郎の真っ赤な南蛮ビックリ衣装なら
覚えてるんだけど(;´▽`A“
あれちょっと、面白くないですか?ラストにむけて気持ち盛り上がりたい
時なのにちょっと面白い…私だけでしょうか(;´Д`A “`

そんな松ケンさんの小次郎ですが、期待していたとおりの
荒々しく、無骨な殺陣が見れてうれしかった!!
型なんてなくて、斬るっていうより、刀で殴るような、叩きわるような
先日の武蔵さんみたいな、荒ぶる松ケンさん(o^-^o)
たぶんこれからきっと、もっと凄くなるかんじだよ!
テレビや映画でしか拝見していなかったので、舞台ではどうなんだろうと
思っていましたが、やっぱり喋り方は舞台っぽい感じではなくて
でもそのぶっきらぼうで素朴な感じが
小次郎の雰囲気と合っているなぁと感じました(o^-^o)
きっとこれからもっと、良くなるかんじだよ!!

舞台って後になるにつれ面白くなっていくものだと思うけど
この舞台には特に、そういう期待感がわさわさするかんじですo(*^▽^*)o
また観に行く予定なので、とても楽しみです。

まだまだ喋りきらない(;´▽`A“
黒馬鬼”(くろまき)って、じゅんさん、宣伝ポスターでも
兜にめんこいミミついてるしwタテガミなびいてるしwww
どんだけ、前しか見えない一本気な坂東武者なんだ〜!
ってとっても楽しみにしてたら

本当の馬だったーーーヽ(´▽`)/

ひひーんブルブルブルっ!!!カッ、カッ(地面を蹴る)ぶるるるるるるrr
ブヒヒヒーン!!!!!!プンプンげきおこ!!!!!うしろあしキック〜〜〜〜〜!!!!!!!!

すてき…゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
ごめんなさい、黒馬鬼さんが出てくるとどんなに大事な場面でも
黒馬鬼さんをみつめてしまいます…
はじの方で桔梗にめっちゃモーションかけてる黒馬鬼さん必見です。
ちらちらのぞくハミ舌がものすごく馬です。アホの馬です(すみませんすみません)
いやーじゅんさん本当すごいなー!
黒馬鬼さん、まったく落ち着きがないお馬さん(*^m^)

こじろー!こじろー!!俺だ俺だーーー(タカ?)

な、お馬さん。
ステージ上を、ガコッガコッと蹄をならし駆け抜ける黒馬鬼を見て唐突に

北島マヤちゃんの、妖精パックを思い出したり(笑)

『真夏の夜の夢』の舞台上にて、パックはつねに飛び跳ね
一歩も歩かなかったのであります( ̄▽ ̄)
ひとときもジッとしてない黒馬鬼の姿が、パックとかさなりました(笑)
いや、(笑)じゃない!!!

それほどのお馬さんぶり、なの、デス!!!!!

じゅんさん必見。と書かずとも皆さん釘付けとは思いますが(*^.^*)

sougen

そして蒼真さま!!

ラスト、風がふきぬける大草原に凛と立つ蒼真が
とっても美しかったです。

いまだナゾのままの
六角の手品箱からパッカーンと登場されたときの
私がかいだ素敵な香りは、本当に蒼真さまのものだったのか
それともこれが天海イリュージョンのなせるわざなのか(笑)
目も耳もひきこまれるだけでなく
まさか嗅覚までも狂わされるとは…( ´艸`)

 


♪関連記事♪

bara  macbeth

広告

『蒼の乱』観劇ねたばれおえかきレポ!!” への4件のフィードバック

  1. よむさーん初新感線いかがでしたかー!!!
    あ~私も早く観たいです(*゚▽゚)ノ
    とりあえず五右衛門ロックⅢを2回観てきて
    我慢しているのです(笑)
    あと2週間の辛抱だ~
    (よむさんにももうすぐ会えますね)

  2. ももっちさん、もうちょっとですね!お会いできるの楽しみです(≧∇≦)またその相談しなくちゃですね(o^-^o)
    ウィ♪私ももう一回ジパングパンクいこう♪慶次郎様とシャルルに逢いにいこう!!ふたりの〜、はでずきが〜、であった〜〜〜〜〜( ̄▽ ̄)
    そうそう、オーシャンズ11の追加キャストに
    橋本さとしさんのお名前が。
    いつかみてみたい『スサノオ』『轟天』
    オーシャンズますます気になります(*^m^)

  3. やっと本日蒼の乱観てきました!!
    じゅんさん好きて好き過ぎて、もう苦しいです。
    ホント馬で、ずっとちゃんと馬で、馬なのにしゃべって!!
    私もなんか中心でシリアスなことやってるなと思いながら、舞台端っこの聖子さんとじゅんさんばかり観てました。だって、好きなんだもの!!
    面白かったです!!
    今まで船に乗ったら船酔いしろうな役ばかりだつたのに、きいいきなり海賊な粟根さんも素敵!
    本当に面白かったです!!

  4. とまとまさん、こんにちは(◎´∀`)ノ
    おかえりなさいっ!いれかわりで私は今日いってきます。うふふ( ´艸`)
    黒馬鬼さん好き過ぎて苦しいお気持ちはよ〜くわかります。笑
    >舞台端っこの聖子さんとじゅんさん
    集中できないからやめて…いや、もっとやって!!!という気分になりますよねwww
    粟根さんって私が観た中ではインテリやくざとかインテリ伯爵とかインテリお侍とか、クールでクレバーで裏切り者(笑)というイメージが強かったので、
    今回のようなワイルドパイレーツな粟根さんが新鮮でウッキャー(≧∇≦)となりました!
    今日は野鳥の会もビックリの本気双眼鏡を持ってまいりましたのでしっかりと目にやきつけてこようと思いマス!しゃきん!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中