カテゴリー: 蒼の乱, 劇団☆新感線

妄想物語「蒼の乱 外伝」

舞台『蒼の乱』を観終わり、今、
私の中で妄想ワールドが広がっております。

蒼真さまの過去について、です!

舞台上では「故郷で革命に失敗し逃れてきた」
といった説明くらいしかないのですが

あまり語られないぶん、妄想の余白を
たくさん残してくれています( 艸`*)ぷぷ

まだまだ抜け出せない蒼の乱の世界に浸っているワタシ…
ついに翼がはえまして、自由に妄想世界をとびまわっておりまするwww

せっかくなので(?)
はずかしげもなく披露しようと思いまする♪

 

 

gaiden

妄想物語の勢力図です(キリッ)

蒼真の故郷は、大陸のはずれの小国。
海からの恩恵を受ける小さいながらも豊かな国でしたが
蒼真の両親の代に西の大国の侵攻をうけ、
戦争に負け属国となってからは大国の圧政に苦しむことに。

蒼真はこの小国の長の娘。
族長である父親は戦での怪我が元で病床についているため
若くして族長代理となる(ナウシカ…)

大陸の大地を馬と駆け、剣を使う男勝りでまっすぐな蒼真は、
小国の民たちに愛されておりました(姫姉様…)

桔梗は代々族長の一門に仕える呪術師の家系で、
蒼真とは姉妹のように育った間柄。

純友は分家筋の軍師の家系で、若い頃から切れ者と評判。
2人にとっては年も近く3人で兄妹のような関係。

年々苦しくなってくる大国の圧政から民を守るため、
蒼真は欧州と手を組もうと考えます。
実は蒼真の国には地下に眠る神秘の資源が(げっ月生石?!)
欧州との貿易で国を豊かにし、力をつけて戦わず独立をしようと考える蒼真。

純友は欧州との折衝役として派遣されます。

そこで現れるのが対立派となる「?」の人。
宰相の家系で、民の辛さ、蒼真の思いに理解を示しながらも
小国が生き残るためには現状が最善だという考え方の人。

「?」の人に賛同する者も多く、小国の政治は2つの対立派閥にわかれて
何度も合議を繰り返しますが平行線のまま。

そんななか純友の持ち帰った欧州の答えは色よいもので、
また欧州の自由な国々の様子を純友が語るにつれ
頑なだった保守派の者たちも段々と態度を軟化させていきます。
ひとすじの希望が小国を照らし、
族長の宮ではささやかな宴が開かれます…

その夜、宮には何者かの襲撃が。
実は「?」の人は裏で大国と通じ、蒼真たちの動きを封じようと画策していたのです。
「?」の軍と大国からの派兵軍に宮を攻められ、
蒼真の父も命を落とします(ジル様…)

悲しみのなか兵をあげる蒼真。
小国は戦乱となり都は焦土と化してしまいます。
戦の締結とひきかえに蒼真の身柄を要求する「?」と大国軍。
桔梗たちは必死に止めますが蒼真はひとり大国軍へと向かい
捕虜となってしまいます…

蒼真から地下資源の在処を聞き出そうと尋問する「?」の人。
この戦を終える為には…とやむなく折れる蒼真。
大国の皇帝は蒼真の処刑を命じ、それに驚く「?」の人。
「?」と皇帝との密約では蒼真の命までは取らない筈でした。
蒼真たちを裏切りながらも「?」の人は「?」の人なりに小国の未来を憂い、
族長の一門に忠義もあったのです…
もしかしたら蒼真さまをひそかにお慕い申し上げていたのかも…
だからこそ自分が悪役となって…きゅん…

と、いうことで「?」の人は極悪すぎる大国の皇帝の翻意によって殺されてしまいます。
助けに来た純友、桔梗とともに、蒼真は複雑な思いを抱いて逃げ出します。

蒼真たちは地下資源の洞窟を封じ、
その際に一部持ち出した、げげげ…月生石的なモノ(!)
とひきかえに欧州の大使に援護を求めます。
国を失って何も持たない蒼真、だけどその気迫に大使も
「もー、ユーにはかなわないザンス!!」とか言って折れてくれます。
大使いいヤツ。
残りわずかとなってしまった同胞たちを大使と共に助け出し、
蒼真たちは船で小国をあとにします…

さようなら、私の国…
さようなら、蒼い大地…
♪る〜〜るる〜〜るるる〜〜〜(エンディングテーマ)

[完]

 

……。

 

なんか救いようない?
どうしたら良かったんだろう、どこで歯車が狂った(σ´д`。)
しかし…ふう…つかれたわ……
妄想って、つかれるわぁ……(大馬鹿)

もちろんキャストも考えてありますよ(えへん)
「?」の人はBIGな客演。SHIROH上川さんがいいデス(勝手にwww)
「?」の人の手足となる美しきクノイチ的存在を、カナコさんに…
欧州はもちろん右近さんザンス♪
たまには裏切者じゃない右近さんが見たいザンス♪
ほんでいっぱい歌ってほしいザンスよ♪

新太さんは西の大国の極悪非道な皇帝ねw
ちょっとおろち丸様入っててほしいですw

じゅんさんは…

蒼真さまのお馬さんでっっっ!!!(またかー)

逃げのびる時に、別れてきたの…
お前はこの大地で自由に生きるのだよ…
私のぶんも……とかって…グスッ

妄想で悲しくなっちゃったよ。あーどーせ馬鹿だよぅ(#`Д´)ノ

 

広告

妄想物語「蒼の乱 外伝」” への9件のフィードバック

  1. よむちゃん 観たいよ観たいよ「蒼の乱・外伝」
    ぜひ中島さんに脚本書いてもらいましょ!
    今回出番が少なかった人達に違うキャスティングに
    していっぱい登場していただきたい!
    古田さんもね。

    1. ももっちさん!こんなダラダラと長い妄想物語を読んで下さって…それだけでもうワタシ感激…(ノД`。)ホロリ
      中島先生には遠く足元にもおよびませんが、妄想はとても面白く、とってもアタマを使いました(笑)
      こないだ読んだ髑髏城のパンフで新太さんが
      「舞台は観たあと家に帰ってから、反すうして色々考えたり感じたりすることが醍醐味。だからもっと舞台の俺たちを感じ取って」
      といったようなことを仰ってて感動したので早速実践してみたのです!!
      …たぶん、なにかが、間違ってるけど。笑

      1. あっ言い忘れた=333
        黒馬鬼さん。
        妄想物語では、スーホのしろいうまをイメージしましたので
        まっしろな白馬鬼さんです(えへん)

        まっしろなじゅんさん…( 艸`*)ププッ

  2. 初めましてですみません(^_^;)
    天海さんが大好きで、「蒼の乱」の画像をYahoo!で検索していて、たどり着きました。とても可愛らしく素敵な絵に見とれてしまいました♡またお邪魔させて下さい┏○ペコ
    素敵な絵とお話ありがとうございました(º∀º)

  3. わあ!天海さんのファンの方!!*^o^*
    なんだかお恥ずかしいwでもとっても、嬉しいです♪玲子さん、声をかけてくださってありがとうございます。
    天海さんはもともと好きな女優さんでしたが
    『薔薇とサムライ』で、完全に虜になってしまいました…( 艸`*)ww
    これから歴史を遡ってゆく所存です(キリッ!
    まずは『阿修羅城の瞳』でしょうか!三谷さんの『オケピ!』もいいな♪
    ぜひまた、おしゃべりつきあって頂けると嬉しいです♪

  4. はじめまして!高校3年生の女子です。私たちのクラスは文化祭で蒼の乱の劇をやることになりました!(文化祭の劇が盛んなことで有名な学校で、9月の文化祭に向けて今から準備しております)
    3時間の劇を1時間ほどにするために、ゲキ×シネを何度も見に行ったり、台本を読み込んだりしている日々ですが、ネットでいろいろ調べていたところ此方のブログにたどり着きました!!役者のディテールまで事細かく書いてあり感動するとともに楽しいイラストにわくわくさせていただきました!衣装など、うろ覚えのところもありましたので参考にさせていただきます!ちなみに私は栗毛野の役を演じることになりました!そこで、よかったらなのですが是非栗毛野様のイラストを描いていただきたいなーと思いました!大変でしたらいいのですが、yomyo様の栗毛野のイラストがみたいです!個人的に常世王を崇拝して誇らしげにしているみずちが大好きです!!長文失礼いたしました!お返事いただけるとうれしいです!

    1. はじめまして。文化祭のクラス演劇が盛んな学校のお話、聞いたことがあります。すごいですね!楽しそうでとても羨ましいです(^^)
      「蒼の乱」をやるんですか、そりゃ大変だ…!
      お衣装、私のイラストを参考にされるのはとっても危険です(^^;)観劇しながらメモを取ったりしているわけではないので、かなり、あやふやです。
      栗毛野様かあ…村木よし子さんのくるくると変わるすてきな表情ならしっかりと覚えているのですが(*^^*)
      たぶん、坂東チームなので緑系の着物で、形は蒼真や桔梗も途中で着ていたような、奈良時代の装束に近いようなもので、つぎあてがされていました(びんぼうだから)たしか♪
      演劇をやったことがないので、とんちんかんな言葉かもしれませんが
      衣装などは、ほんものに似せなくても
      時代考証とかアレンジしたりとかして、自分たちでいろいろ作ったほうが楽しそうだな、って私なんかは思ってしまいます(*^^*)
      あ〜、いいなあ、楽しそうだなあ!
      私は高校時代、どっぷり吹奏楽部でした。ステージに立つ緊張やワクワクは、演劇と似ているところがあるかもしれません♪

  5. はじめまして(o^^o)
    天海祐希さんが大好きすぎてブログまで始めてしまったくらいのあまみさんファンです。このお話すごすぎます!もうこのまま小説になりそうです!夢中で読んでしまいました。ちょいちょいナウシカが出てくるのもツボです♡かぶりますよね!服は青いしどこかのババ様が「その者蒼き衣を纏いて(金色ならぬ)碧色の野に降り立つべし」とか言ってそうですよね!
    蒼の乱は舞台を見てDVDも買ったのですが、お話は好きだけれどいまいち蒼真の感情の流れというか、小次郎に惹かれる理由がよくわかりませんでした。でも、このyomyoさんのお話を読んで、こういう設定だったら蒼真が小次郎を気にかけるのも理解できるかも!と思いました。また蒼の乱を見る目が変わりそうです!ありがとうございます!またこういう妄想楽しみにしております(o^^o)

    1. ANNAさんはじめまして(*^^*)コメントをありがとうございます!しかも、この妄想物語に…(笑)嬉しいです♡妄想って楽しいけど大変ですねえ、「蒼の乱」にハマりすぎて勢いで書いてしまった妄想でしたが、今読み返してみるとツッコミどころ多過ぎですww でも楽しかった〜。

      そうそう、私も最初に観たときは、蒼真は小次郎のどこを好きになったのかな?って思いました。公演が進むにつれ、舞台がどんどん進化していって、何度か観るうちに私にも蒼真の気持ちがわかるようになってきて(*^^*) どんどんどんどん、この物語が好きになっていったなあ、と思い出しました。またブルーレイ見返したくなってきた(*^o^*)ゲキシネにもまたかかるといいなあ、映画館の大スクリーンで観たいですよね♡

      新感線と天海さんが大好きなので、いつかまたきっと一緒にやってくださる日がまちどおしいです。次はどんな天海さんなんだろう…もうこれ以上ないってくらい、格好よく凛々しく美しい天海さんをたんと見せて頂いたので、次が想像もつかないです(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中