カテゴリー: 劇団☆新感線, 月影番外地

「つんざき行路、されるがまま」吹子フライング成層圏

fukikofly

 

真実の想いがつまった口笛ほど、吹子さんを幸せにすることができる。
日出男さんの吹く口笛は、幸せすぎて
吹子さんはうれしくて、どこまでも飛んでいってしまう。
想いが強いほど、いっしょにはいられない。
苦笑いの吹子さんが、口笛とそらをかけるラストシーン
せつなくてさわやかで、とても好きです(*^^*)

 


♪関連記事♪

kuchibue tsunzaki duet

 

広告

「つんざき行路、されるがまま」吹子フライング成層圏” への2件のフィードバック

  1. …そんなお話なんですね。せつないなあ。
    月影の公式でインタビューとかちょっとだけ稽古場風景とか見て、ぜんぜん分かんないけどすごく純愛な感じは伝わってきたんですが。
    美しいお話ですね。

    あと私下でyomyoさんのお名前間違ってましたね^^; 失礼いたしました。

    1. みずよさんおはよーございます!
      そうなんです、愛し合っているけれど、せつない、究極の愛のおはなしでした(*T_T*)
      でも終ったあとはとても爽やかな気持ちで!
      そういうところが、聖子さんの聖子さんらしいところなのかな(*^^*)
      聖子さん、ほんと、かわいくってキレイでした〜〜!!
      月影はDVDにならないのかあ…
      でも、あのスズナリの空気も込みの、つんざき行路。
      記憶の中だけに残っているほうが、よいのかもしれませんね。

      名前のことはお気になさらず!すみません、へんな名前で(笑)もうちょっと考えてつければよかったwww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中