カテゴリー: 舞台いろいろ

グレート五人芝居「デスペラード」感想おえかき!

desperad3-1

演劇学校の同級生5人が、劇団「デスペラード」をたちあげ、
夢を追いかけ、破れ、立ち上がり。追いかけ、破れ、立ち上がり。

あきらめられない夢と、同じ時間を共有した仲間。
演劇じゃなくても、何かに熱心に打ち込んだ経験がある人なら
ぐっとくるお芝居なんじゃないのかな…

私はとても、ぐっときました。

 

5人の仲間が、とってもいい。

風貌もお芝居も濃いい長内くんw
神経質でわかりにくいけど、すごく仲間思い。

無口でぶっきらぼうな、かれん。
冷静にみんなと自分を観察していて、でも心の内には熱い思いを持ってる。

のりちゃんは、天真爛漫で、まっすぐな人。
でも、実家には立派な家業があるのに、新聞奨学生ということは
家族に反対でも、されていたのかな。
苦労を感じさせない明るさを持ってる、芯のある人。

主宰であり、脚本•演出を担当する、みぞっち。
みぞっちは物語の進行役でもあるからか、最初はどういう人なのか、ちょっとわからなかった。
一歩引いている感じがして。
あきらめたり、立ち上がったり、繰り返しているうちに
最初にみんなを誘って、劇団をたちあげた
みぞっちの熱さが、じわじわとわかってきた。

えつこ。えっちゃん。も〜〜w
キテレツな発言も、すっとんきょうな仕草も、
人の話、全然聞いてないのに、にっこにこの満面笑顔も。

最後に、あ、こういうことだったんだってわかると、全部がつながって見えて
えっちゃんはバカがつくほどお芝居が好きで、4人と一緒にお芝居をするのが、好きだったんだなあと…思うと…えっちゃんがバカをやるほどに…長内くんとギャーギャーワーワーやるほどに…大笑いしながら、切なくなって泣いてしまったよ。

5人を見ながら、私も学生の頃、みんなと
褒め合ったりけなし合ったり、ケンカしたり泣いたり、仲直りしたりしながら…一緒にいろんなものを作ってたなあって、思い出したよ。みんな元気かなあ。

私、入江さんのお芝居を見てると「みんな元気かなあ」っていつも思うの(*^^*)ふふ
お芝居の中の人たちが、あの頃のクラスのみんなのような気がしてくるの。
行ったこともない、知らない場所が舞台なのに、懐かしくなるんだよね。
なんでだろう。

そして、ただ懐かしさを感じて終るのではなくて
あの頃を懐かしく思いながら、人生は続いていく、これからも
すこしだけ明るい未来のほうへ。
入江さんの物語は、いつもそういうふうに終ってくれるから
せつないけどさわやかな気持ちで、明日っから私も頑張りますかい!
って気分になるんだ(*^o^*)

もし、ご予定が合う方がいらっしゃればぜひ。とってもいい時間をすごせます。
グレート五人芝居「デスペラード」
5/20(水)まで、赤坂RED/THEATERにて!

公式HPはこちら

たった5日間しかやらないのか…ううもったいない…!

desperado2
終演後、それこそあの頃…10代の終わりからずーっと一緒にいてくれている友人がしみじみひとこと

「私たちも、お互いオーバーオールを着ていた頃から知っているわけでさ…」
「は?!私、オーバーオールなんて着てなかったよ」
「ハァ?!!着てたー!着てましたー!!!あなたはオーバーオールの下に青空模様のTシャツを着てましたーーーー!!!」

オーバーオールに青空T……
だせえ…ダッセー…長内くんのこと笑えない………

 

 

 

one-two

yanagawa

 

boat


♪関連記事♪

pippi ookami family

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中