カテゴリー: 舞台いろいろ

こまつ座✿紙屋町さくらホテル✿行ってきて、よかった。

sakura-hotel

 

 

 

昭和20年5月の広島。
「新劇の団十郎」と呼ばれた丸山定夫と
女優・園井恵子を中心に組まれた
「移動演劇隊」さくら隊が逗留する
紙屋町さくらホテル。

ホテルのオーナーである日系二世の神宮淳子、
宿泊客の文学博士、監視役の特高刑事、
そして昭和天皇の密使として薬売りに扮し、密かに全国を視察する
海軍大将の長谷川清らも巻き込んで、
さくら隊は巡演のために演劇の稽古を重ねる。

長谷川らが自分の使命を超えて、演劇の魅力を見出していく一方、
時代は刻々と「その時」に向かって動いていた。

 

 

sensei

 

 

 

おまけ(?)

kakkanokabuki

閣下の台詞の順番がくるたびに
なぜか大見得をきるのが面白くって(*^p^*)

閣下のなかでは、お芝居イコール歌舞伎
なんでしょうか♡

 

 


♪関連記事♪

kirameku

bun1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中