カテゴリー: 少女, 映画

映画「少女」感想おえかき。

maypole

映画を観られたかたには伝わるかな…
メイポールダンス。と言うらしい、あれ。

美しく、均一に絡み合うリボン
自らの手でゆっくりと締め付けられていく身体。

ともだちや、がっこうや、かぞくや、しょうらいや
何もかもから早く自由になりたいのに。

ただ、手を離したが最後、今までのすべては
何もかも崩れ去ってしまう。

うっとおしさと、手放す怖さ。

ユキ、アツコ、
たくさんの同じ姿をした少女たちの心のうちが
あのダンスのシーンに凝縮されていたように
観終わった後、感じました。

あの少女たちは
どこかでとても懐かしく
とても面倒で腹立たしい。
あんなだったろうかと。

そして、ちょっと羨ましい。

広告

映画「少女」感想おえかき。” への4件のフィードバック

  1. よむちゃん 私も観てきたよ~!
    冒頭にメイポールダンスが出てきて、五月祭だ~と思いながら観てました。
    福岡のミッション系の学校がメイポールダンスをやってるニュースを
    毎年放送してくれてて。
    いつもよくこんがらがらないなと思っておりました(笑)

    ちょっとでもタイミングがずれたり手を放してしまうと
    たちまち崩れてしまうポールがこの映画を象徴していましたね。
    若さって残酷。
    でも儚くて目が離せない。

    そしてゴローちゃん登場したらオーラ出捲り!
    普通の人に見せるのに苦労したと監督談話に、そりゃ無理な話ですぜ。
    舞台挨拶でイケずなゴローちゃんを見ることができて羨ましい(笑)

    映像が綺麗な作品でしたね。
    よむちゃんのお絵かきも映画とぴったりです。

    1. ももっちさん、こんにちは!ももっちさんも行かれたんですね。いい映画でしたね…!
      福岡のミッション系の学校、ってもしかして出演の山本美月ちゃんの母校だったりするんでしょうか(*^^*)
      美月ちゃんが舞台挨拶の時に「うちの学校も”ごきげんよう”って挨拶するような学校だったので」とおっしゃってたので。
      本当にそんな世界あるんだ〜ってびっくりしました(笑)

      そう、ちょっとバランスが乱れると、途端に全部崩れちゃう感じが…。
      長い人生から見れば本当に短い一瞬のことなのに
      あの子たちにとっては世界の全部みたいに思えちゃうんだなあ。
      私も少なからずそんな部分はあった。きっとみんなそう。だから惹かれるんだろうなあ
      って思います。

      もう一回見に行きたいな!

      1. 山本美月ちゃん可愛いですね~(^^♪
        美月ちゃんの学校も「ごきげんよう」って言うんだ!
        彼女は西本願寺派の仏教の中高一貫の学校ですね。
        アナウンサーの方が多く出てるそうです。
        五月祭があるミッション系は初めてセーラー服を制服に起用した学校です。
        こちらは家入レオちゃんや広瀬香美さん牧瀬里穂さんなどが卒業生だとか。
        福岡あるあるでした(笑)

        1. あれあれ、コメントの返信が反映されない(^^;)のでこちらからももう一度お返事!
          来年は絶対、福岡遊びに行くです(*^^*)美味しいもの食べて、嘉穂劇場でお芝居をみるです!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中