カテゴリー: 歌舞伎座の公演

吉例顔見世大歌舞伎「元禄忠臣蔵」より

 

genroku

 

ラスト、御浜御殿御能舞台の背面
綱豊様が光を浴びながら「望月」を上演中の能舞台へと出てゆかれるところ。

まだ数は少ないけど、今まで歌舞伎を見てきた中で
こんな演出って観たことがなくて

なんたか現代的なかんじがしたかな?すごく驚いた。

背景も、いつもより西洋的な奥行きのある背景に見えたんだけど気のせいかな…パースがかかっているというか。

いつもは、絵巻物の日本的な奥行きの世界なの。

面白かったな〜(*^^*)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中