カテゴリー: サードステージ, KOKAMI@network

舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」。

sgs

 

サバイバーズ・ギルト&シェイム

「サバイバーズ・ギルト」とは、
戦争や災害、事故、事件などに遭いながら、
奇跡的に生還を遂げた人が、
周りの人々が亡くなったのに 自分が助かったことに対して、
しばしば感じる罪悪感のこと。

そして、
「サバイバーズ・シェイム」とは、
生き延びてしまった恥ずかしさのこと。

 

 

このあいだ「五年目のひとり」っていうドラマ見たんです。
ああこれ”さばさばのキルト”の話だって気づいて
このお芝居のことを思い出して、絵を描きたくなりました。

たのしいシーン、かわいいシーン、まばたきもできずに固まってしまうシーン
いろんなシーン、あったんだけど
長野里美さんの「そっか、」って言うひとことが
耳にのこってる。なんでだろう。
いろんなシーンをうけて、いくつかの「そっか、」があったと思うんだけど。

もうちょっとお絵かきしたいな…このお話。こんど、また!

観に行った日、お仕事か、ロビーに鴻上さんいらっしゃらなくて。
ちょっと残念だなあと思っていたのですが
劇場をでて駅までの帰り道、信号で鴻上さんとすれ違って。
おおお…と、じっと見てしまったのに気づかれて、
にこっと笑ってくださいました。
鴻上さんって、なんか「先生」って感じがするよね(*^^*)うれしかったです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中