カテゴリー: 映画その他

映画『ねぼけ』感想おえかき。

neboke

 

映画『ねぼけ
を観に、新宿ケーズシネマに行ってきました。

主人公の仙栄亭 三語郎は、お酒と女性にめっぽう弱くだらしなく

本業の落語では、やる気もなく、まったく冴えたところのない

本人が、落語のお噺の主人公のような人なのです(;´∀`)

なのにそんな三語郎さんには、真海さんという、もったいな過ぎるほどの出来たお姐さんがそばにいるのです。

綺麗で優しくて気配り上手、ご飯も身の回りのものもお金さえも、すべて黙って差し出してくれ

三語郎さんは落語のことだけを考えていられる環境のはずなのに。

三語郎さんは、頭も目もドロ〜ンと寝ぼけたようなだらしなさで、まったくやる気を出さないのです。

…と、序盤の三語郎さんは、思い出しながら書いているだけでこんなに腹が立ってくるような主人公で、爆裂オススメしたいのに悪口しか出てこないんですが(笑)

ろくでなしが心を入れ替えて、新しく生まれ変わる物語

と、一言では表現しきれないさまざまな感情のやりとりが、この映画では繰り広げられ、四度ほど涙を我慢しきれない波がきて(泣き過ぎ?!)

観に行ってほんとに良かったなと思いました。

ひとつ、ねたばれらしき、私の涙ポイントをあげますと

三語郎さんが師匠から教わった「替り目」を家で稽古しながら、どうもしっくりこないと首を傾げていると

真海さんが「いつも通りの持ちかたがいいんじゃない?」と。

湯のみをいつもとは違うかしこまった手つきで持っていた三五郎さんに、いつもの持ち方、親指と人差し指でつまむように持ったっていいんじゃない?あなたらしさでいいんじゃない?

ってところ(T_T)

shisho

 三語郎さんの師匠、仙栄亭 点雲師匠が、あのね、あのね!

ダンディ!!!!!

イケオジさまにめっぽう弱い私です(笑)

 演じられるは、噺家の入船亭 扇遊師匠。扇遊師匠のお噺聞きに行きたい、あああ行きたい、行くー!!

neboke01

映画を観た日、ちょうど舞台挨拶があって
壱岐 紀仁監督と
三語郎役の友部さん、真海役の村上さん
お三かたのトークショーを聞く事ができました。

トークショー後に、ロビーで
写真を撮らせていただきました。
おふたりとも笑顔がすてきです(*^^*)
友部さんが、さっきまであの三語郎だったことを忘れるくらい(笑)

優しいかたですねぇ〜(*´∀`)

neboke02

残念ながら売り切れだったんだけど
三語郎Tシャツがかわいくって♡
丁寧で、愛があって、似てる♡
私も、こんな風に絵が描けたらなあと思います。
趣味とはいえ、今年も日々是精進です!

neboke04

終わったあとは、もちろん(*^皿^*)
感想を喋りあいながら、美味しいビールぅ!
辛口???www

はっ。三語郎さんは、お酒断ちしてるのに
すみません(笑)

そうそう
友部さんは、北区つかこうへい劇団にいらした役者さんなのです
大好きな「熱海殺人事件」にも、出ていらしたとのこと
つかさんの作品の舞台で、また友部さんのお芝居を
観られたらいいな〜なんて、夢がまたひとつできました。

え!「髑髏城の七人」(ワカドクロ)にも出てらしたの!
私、まだワカドクロ観てなかった…
今度ゲキ×シネにかかったら、絶対行こうと思います。


♪関連記事♪

denbe

熱海殺人事件 売春捜査官!
部長刑事カッケー!!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中