カテゴリー: そのほかの特番, 文楽

アルゴリズムたいそうー!

bunrakutaiso

アルゴリズムたいそうー!

文楽の
人形のみなさんといっしょー!!

かわいいーーー!!!

文楽の
人形遣いのみなさんといっしょー!!
も、
かわいいーーー!!!

みなさんで、
ぱっちんぱっちん がしんがしんやってる〜
すって はくのがしんこきゅう
やってる〜〜

この、お人形のお二人
何の演目の、どなたなんだろう。
お会いしたことのないお二人でしたので
どう調べたらわかるものか、はてさてでしたけど
ちょっと探したら、すぐわかりました。

chirashi
厳密に言うとわかったのは男前のほう、
鎌倉三代記」高綱物語の段 より
佐々木高綱さんでした!

このお写真は文楽の人形遣いでいらっしゃる吉田玉男さん
公演のもの。
鎌倉三代記は、きっと人気のある演目なんですね。
すぐ検索に出てきました。
かっこいいですねえ…(*^^*)
ではお姫様も、鎌倉物語の登場人物なのでしょうか。
そこまでは、ちょっと調べたくらいではわからなくてですね、
鎌倉三代記」、今度公演があったらぜひ観にいきたいと思いました❤️

(全然関係ないんだけども”「鎌倉三代記」の高綱物語”って打とうとして”鎌倉物語”って打っちゃって、そのたびあのほっこりマンガが脳内を駆け巡るわたしでした)

 

 

文楽にはほかにも、いろーんなお人形さんが
いまーーーす!!

文楽、
たのしいですよーーー!!

広告
カテゴリー: 文楽, 歌舞伎

ぺんぬりさんぽーさんぽーぺん!

 

kurogochan

くろごちゃん!

手が届いて
いないよ…!!

ガンバです!くろごちゃん。

 

そんなくろごちゃんと国立劇場の皆様の本気
PPAP ならぬ PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)

すばらしい。
あれ、さんぽ〜 っていうんですね、
つやつやしているほうは ぬりさんぽ〜。
べんきょうになりました(*´∀`*)

三方(さんぽう)とは:

三方(三宝)は、折敷(おしき)と呼ばれるお盆の下に胴(台)がついた形をしており、
その胴に三方向の穴があいていることから三方・三宝(さんぼう/さんぽう)と呼ばれています。
胴の穴は、宝珠の形を用いています。

引用:神棚・神具の製造販売 伊勢 宮忠

PPAPといえば
昨年の渋谷金王丸伝説を思い出し
くろごちゃんと染様&ブースカ
一緒に踊ったらいいのになって…
いや、カオスだろうなぁwww

 

くろごちゃんのプロフィ〜ル

え、くろごちゃん
国立くろ五郎
ていうお名前だったの?

え、くろごちゃん
たまごから
生まれたの?!

と、

鳥?!!!

 


♪関連記事♪


facade

国立劇場好き〜!

カテゴリー: 文楽, 歌舞伎座の公演

六月大歌舞伎は❀✿義経千本桜❀✿

tadanobu&sizuka

明日、歌舞伎座いくんだけど
まちどおしくって(*^^*)
文楽で観たときの「道行初音旅」を思い出しながら
おえかき!

また描いてしもうた〜
静さまと狐
好きすぎる〜〜

しかも、六月大歌舞伎では

狐忠信を、猿之助さん
静御前を、染さま!!

というきゃすてぃんぐとのことで
なんということでしょう
ヽ(´▽`*)人(*´▽`)
ノ☆.。・:*:・

猿之助さん宙乗りしてくれるんだって♡どうしよどうしよ
初めてみるんですけど!宙乗り!!

やだもうおちついて!!寝れないじゃない!!!


♪関連記事♪

kitsune sizuka
カテゴリー: 文楽

文楽公演の前には「幕開き三番叟」!!

sanbaso

文楽の公演では、公演の日は毎日
その日一番の公演前に”三番叟”という舞が
舞われるのです(*^^*)

先日、四月大歌舞伎の「松寿操り三番叟」で
初めてこの”三番叟”という踊りをみて!

三番叟というのが、もともとは能狂言で演じられたお祝いの舞のことで
文楽では今でもお芝居の前に必ず、繁盛しますように、と願いをこめて
この三番叟をやってから幕をあけるとのこと

以上、調べずみであったので知っていたのよ♪ドヤ♪

…知っていたのだけど
「曾根崎心中」を観終わって、次の「絵本太記」まで
案外時間がないよ!お弁当たべなきゃ!!ぱくぱく!!
って慌ただしく(しかし美味しく)ロビーでパクついていたら
幕開き三番叟が、始まっていました(@_@)

えっ!なぜいま?!とビックリしていたら
ご一緒していただいた文楽先輩が
「曾根崎心中」は”鑑賞教室”なので
今日の”文楽公演”は「絵本太記」が最初なんですよ♪
って教えてくださいました(*^^*)

ほほ〜〜う♡

三番叟を眺めながら、おべんとうをパクパク♪
遠目だったので、お衣装の細かいところまではわからなかったけど
あのシマシマの三角帽子、まっ黄色の足袋、
鶴やら松やら、おめでたいモノ満載のあの感じは
染さまの三番叟といっしょだあ〜(*^o^*)
カワイイねえ♡
舞っているのはお人形さんだけど
操り人形じゃなくて人間だからお化粧はないんだよ(ややこしや!)

また今度、その日一番の公演を観にきたいな。
幕開き三番叟、ゆっくり観たい(*^^*)

あ!!

国立劇場のおにぎり弁当
たいへん美味しゅうございました♡

 

sanbaso2

そういえば先日、地下鉄の連絡通路で
こんなにカッコイイ三番叟の絵を発見しました♡

船水常昭さんという
水墨画やトライバル、書道、梵字
さまざまなモチーフを組み合わせて描く
アーティストの方の作品。

こんなかっこよく、おえかきできたらいいのになあ…


♪関連記事♪

sanbaso 3baso
こちらは「操り三番叟」なの(*^^*)

カテゴリー: 文楽

5月文楽鑑賞教室「曾根崎心中」より。

sonezaki

 

5月文楽鑑賞教室公演「曾根崎心中」
ちかえもんさんの大傑作を
観てきたよ!

これから心中なんか、しようっていうのに
お初ちゃんがちょぴっと剃刀で切った
指のちいさな傷をいたわる、徳さんがね…
なんて若く、あさはかで、美しいふたりなの(T_T)

本当に、心中がこんなふうに描かれては
お江戸の街に心中ブームがまきおこった
というのも何だか納得がいくよね。
ちかえもんさん、ほんと、業の深い御方よね(ToT)

 

 

IMG_20160515_132631

終演後、ロビーで
お初ちゃんが、九州の震災のための募金を
呼びかけていらっしゃいました。

お初ちゃんのお隣は、お初ちゃんに命を吹き込む
人形役割でいらっしゃる
桐竹勘十郎さん(*^^*)
お初ちゃんに握手をしていただいて
なんだか、ほんのり暖かいお手てだなあと
感激した私なのでありました♡

カテゴリー: 文楽

5月文楽公演「絵本太功記」 尼ヶ崎の段より

mitsunari

人生2度目のにんじょうぎょうるりは
マチネとソワレ、2本だての
豪華な一日になりました(*^^*)

まずは「絵本太功記」!

絵本太功記は、豊臣秀吉の「太閤記」をモチーフに
主人公を光秀としたもので
主君・信長を本能寺で討ち取ってからの
光秀の”三日天下”を描いているんだよ。

俺はやりとげた、という思い
信長への複雑な思い
悩み、苦しむ光秀さまの姿が、
だんだんとおいたわしくなってくる。

おえかきは
光秀さま、松の上にて久吉(秀吉)の軍を見下ろす場面。

見おろしながら、何を思っていらっしゃったのでしょうか
勝機があるとも思えないような、恐ろしい勢いの大軍であったことでしょう。
これからの運命をみすえるような、とても複雑な瞳をされていたように見えました。
すごかったなあ。

光秀さまを三成さまと書いてしまい
教えていただいて慌ててなおす
おばかさんな私なのでありました(T.T)

いや、スマスマに山本さん出ててさ、ついつられてwww

カテゴリー: 文楽

人形浄瑠璃「義経千本桜」より、道行初音旅

sizuka

静御前は、おひめさまじゃないから
振り袖じゃなく、袖が短いの。

イヤホンガイドさんからのまめちしき
でした(*^^*)

こんなに美しいひとなのに…
華々しい雰囲気の中に、ちょっとものがなしい
感じがするのは、そういう身の上だからなのかな。

 


♪関連記事♪
kitsune
カテゴリー: 文楽

初めての文楽!!”義経千本桜”

kitsune

 

 

tomomori_

 

 

 

chika
文楽を観に行ってみよ!って思い立つきっかけをくれた
ちかえもんさん、本当にありがとうございます(*^^*)
今度はちかえもんさんの作品を
観にいきますね!!

 


♪関連記事♪
facade

国立劇場、大好き♡
chikaemon5-1
ちかえもんさんの作品も
観に行きたいよ♡
iemon
知盛さんがだんだん
幸四郎さんに見えてきたんだよ…w
カテゴリー: ドラマいろいろ, 文楽

突如、木曜時代劇「ちかえもん」にはまったまとめ

 

 

 

 

 

 

うおおおおお!

今年絶対、人形浄瑠璃

みにいくぞ!!!

ちょうど今度、ちかえもん先生の『曾根崎心中
やるんだって♡

文楽で観たあとに、歌舞伎でも観たり〜
歌舞伎で観たのを、文楽で観てみたり〜
ぜったい、たのしい(*^p^*)

chika


♪関連記事♪
facade

また、国立劇場に
いきたい!!