カテゴリー: シネマ歌舞伎

シネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』

まだ耳がある時の『耳男』

野田秀樹さんの芝居はいつも、心と頭が付いていくのに上演中必死になります。

カテゴリー: 歌舞伎歌舞伎座の公演

三番叟、好き〜

あまりにも大黒屋チェブラーシカ光太夫がめんこすぎてつい、昼の部もチェブラーシカ三番叟相勤め申し候ですよ。

幸四郎さんがまだ染五郎さんでいらした時に演じられた「松寿操り三番叟」で、初めて「三番叟」というものを知りました。それまで歌舞伎の演目の中でも「踊り」っていまいち楽しみ方がわかんなかったのですが、舞台の神様へのあいさつとか、豊作祈願だったりとか、いろんな意味が踊りのひとつひとつにあるっていうのがこの踊りはとてもわかりやすくて面白かった。すっかり踊りが好きになった記念?の演目なのです。

今月の歌舞伎座でしばらくぶりに三番叟を、それも幸四郎さんが演じられるということで、三谷かぶきも楽しみだったけど昼の部の「寿式三番叟」もおんなじくらい楽しみにしてたのでした。操り三番叟のようなコミカルな可笑しさは寿式のほうには少ないけど、軽やかに舞い続ける幸四郎さんの三番叟、ワクワクしながら見とれておりました(о´∀`о)

またいつか操り三番叟も観たいな。松也さんは、一緒に踊ってるときより操り三番叟の面白い後見さんのときのほうが好きだな…

カテゴリー: 歌舞伎歌舞伎座の公演

久しぶりの歌舞伎座で初ナマ幸四郎さま

とっても久しぶりの歌舞伎座で、松本幸四郎さま主演の

『三谷かぶき 月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)〜風雲児たち〜』!!

ファンとしてまったくあるまじきことながら…染さまが幸四郎さまのお名前を襲名されてから初めての生・幸四郎さまでした。感激でした。うう…染さまお久しぶりでございます…あ幸四郎さまだった。染さまに慣れすぎてて「幸四郎さま」ちゅうのが長い。ファンの皆様はどうお呼びしているのでしょうか?幸さま?

とっても久しぶりの染さまは幸四郎さまになられたからか益々カッコよく色っぽく、全力お茶目さんな所もパワーアップされたようでやっぱり大好きでした。私もいつまでも全力お茶目に年を取ってゆきたいな…

そうそう

最近発見したのですが、いまだ誰からも共感を得られていない、幸四郎さまとキャプテン・アメリカ顔似てる説をやっぱり推していきたいと本日つよく思いました!

チェブラーシカ光太夫さまのぬいぐるみをグッズにくわえるべきではないでしょうか!

ハア…幸四郎さま素敵でしたでござる(*´∀`*)

カテゴリー: 歌舞伎

本当に倉庫です…!!

オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」をみるために天王洲アイルの寺田倉庫に来ています。

本当に倉庫で歌舞伎が観れるようです…!!ワクワク!!

久しぶりの歌舞伎なのもすっごく嬉しいです(*´∇`*)

でも、本当に久しぶりなので、ちゃんと最後まで見きれるかどうか心配です…体力は持つかな…

終演しました。

凄かったーー!!中村獅童さん、ろくでなしがもうピッタリ…ほんっとうにろくでもない、最初から最後までゲスの極み…あばば( ノД`)…

感想はまたゆっくり書きたいです。

そうそう、寺田倉庫のある天王洲アイルには「寺田倉庫」と名のつく場所がいくつかあって、ちょっと迷ってしまった(^-^ゞ

ので、

オフシアター歌舞伎をやってるのはここの寺田倉庫でーす。カッコいい建物だしギャラリーもあるので、早目に来ても楽しめそう。

隣の「PIGMENT」は昔スマ友さんに連れて来て頂いた日本画の画材やさんだ~(*´∇`*)

何度見てもこの色の壁素敵~!

カテゴリー: 歌舞伎

生存報告(*^^*)

今週は想像してたよりずっと疲れた!そりゃそうだよね。

今日の休日はこうやってあそんでおります報告(*^^*)

でもさすがに疲れてたぁー(笑)

歌舞伎で、居眠りしてしまうなんて初めてかも…もうしわけなす…

やじゅ散歩〜♪


web女性自身にて連載中
坂東彌十郎さんご出演の

楽・食・歌舞伎 彌十散歩(やじゅさんぽ)

オキニイリ番組です(*´∀`*)ほっこりする〜。

やじゅさん(とお呼びしたい♥)はとってもグルメでもいらして、ブログでいつも美味しそうなご飯をご紹介してくださいます。

深夜にブログを覗くと、んあーー(*´﹃`*)ってなります。テロです(笑)

カテゴリー: 歌舞伎座の公演

寿初春大歌舞伎「大津絵道成寺」その三、藤娘のファサっ.。*・。.:*・゚゚*゚.:。

fuji-musume

ファサ:.。. .。.:*・゚゚・* (○´∀`)ノ・゚゚・゜+.

゜:。*゜+ ゚・。*ファーーー(´∀`*)。.:*・゚゚・

藤娘がふぁさっと藤の花のカーテンをひるがえすたびに
花の香りが、風に乗って届くような気して❤️(藤の花の香り…しらないけど…_| ̄|○)

花道・すっぽん横という特等席にて
ファーーー(人*´∀`)*・゚゚・となりましたの巻!

愛之助さんの女方のお役、初めて拝見しました。
大津絵から抜け出してきた藤娘には
あでやかさの中に、人じゃないモノの気配を少し感じました。
ちょっと巫女さんのようなりりしさも感じる
美しくて凛とした人でした(*^^*)

 

po

外方のお爺と唐子ちゃん達も
ファーーー(人*´∀`)*・゚゚・ってなってましたね(笑)

 

カテゴリー: 文楽歌舞伎

ぺんぬりさんぽーさんぽーぺん!

 

kurogochan

くろごちゃん!

手が届いて
いないよ…!!

ガンバです!くろごちゃん。

 

そんなくろごちゃんと国立劇場の皆様の本気
PPAP ならぬ PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)

すばらしい。
あれ、さんぽ〜 っていうんですね、
つやつやしているほうは ぬりさんぽ〜。
べんきょうになりました(*´∀`*)

三方(さんぽう)とは:

三方(三宝)は、折敷(おしき)と呼ばれるお盆の下に胴(台)がついた形をしており、
その胴に三方向の穴があいていることから三方・三宝(さんぼう/さんぽう)と呼ばれています。
胴の穴は、宝珠の形を用いています。

引用:神棚・神具の製造販売 伊勢 宮忠

PPAPといえば
昨年の渋谷金王丸伝説を思い出し
くろごちゃんと染様&ブースカ
一緒に踊ったらいいのになって…
いや、カオスだろうなぁwww

 

くろごちゃんのプロフィ〜ル

え、くろごちゃん
国立くろ五郎
ていうお名前だったの?

え、くろごちゃん
たまごから
生まれたの?!

と、

鳥?!!!

 


♪関連記事♪


facade

国立劇場好き〜!

カテゴリー: 歌舞伎座の公演

寿初春大歌舞伎「井伊大老」より、紙雛のふたり

kamibina

きっとあの古い紙雛さまは
あの頃のお殿様と、お静様のお顔をしている気がする…。

 

 

いかなれば 田毎に影の見えながら

空にぞ月の 独り住みぬる

 

どうしてか
たくさん並んだ水田の水面の一つ一つに
その影は見えているのに
空には たった独りで住んでいる月

こんな感じでしょうか?

”田毎の月”というのは
棚田のたくさん並んだ田んぼの水面に
月がたくさん写り込んで
とても綺麗な景色のことを言うんだそうです。

でも、空にはひとりぽっちの
お月さま

ううう〜〜〜む
せつない。

大老、ロマンチスト
ですねえ…

カテゴリー: 歌舞伎座の公演

寿初春大歌舞伎「大津絵道成寺」その二、カッコイイVSカッコイイ

yanonenogoro

 

実はこの観劇の日、新年初歌舞伎だからと思って
ガンバッて奮発したお席にしていたのです。
当たりのお席かどうかも、初めての演目だし分からなかったのですが。

すっぽんの、横。大当たり大吉!!

すこぶる格好良い鬼さんとこれまたすこぶる格好良い矢の根の五郎さんが花道で出会った(?)ときは本当にもう、どっちみてよいやらあわわあわわ、
あれだ、きょうはそめさまのおたんじょうび(1/8)だからそめさまにロックオンしてもあいのすけさんゆるしてくれる…かも?(チラ)あわわあわわカッコイイやっぱりどっちも見たいお誕生日おめでとうございますぅ〜〜〜〜〜〜〜!!!!

目を見開きすぎて、多分、くちもあいておりました。

 

otsue

大津絵 民衆的諷刺の世界』角川ソフィア文庫

面白い本を見つけましたー!

カテゴリー: 歌舞伎座の公演

寿初春大歌舞伎「大津絵道成寺」その一、ひょうたんナマズと唐子ちゃん達

namazu

大津絵道成寺、
たのしい〜!!

大津絵というのは、江戸時代に東海道の大津の宿(滋賀県)にて
旅人相手に、おみやげものや護符として売られていた
素朴でたのしい、ちょっとしたポストカードのようなものだったみたい。
ちょっと風刺が効いているものもあったり。

その大津絵の中から抜け出してきた
うつくしい藤娘や、りりしい鷹匠、恐ろしい鬼などが
愛之助さんの早替わり五変化(!!)で観られる演目です。

大津絵から出てきた登場人物が、みんな面白くって
楽しいシーンがいっぱいあって
勝手にワタシ的大津絵をそれぞれ描きたくなっちゃう。

まずは、ひょうたんナマズに挑む唐子ちゃんたちを
描いてみましたw

 

こんな絵を見つけたの。

歌川国芳・作
流行逢都繪希代稀物

逢都繪=大津絵か
ハヤリの大津絵おえかきしてみたよ的な?(*^p^*)

この絵の中には「大津絵道成寺」の登場人物がたくさんいる!
真ん中の、お顔の隠れたスーパー絵師様が、歌川センセーなんだそうですよ。

これほどにイキイキとした楽しい絵なら
絵の中から、みんなが抜け出してきても
おかしくないよねって思うわ(*^^*)