カテゴリー: A LIFE〜愛しき人〜

A LIFE 〜愛しき人〜 第一話のツボおえかき

alife

 


♪関連記事♪

mossarizeni2

shinzokuseichi-X5

aonoran

大好きな役者さんが
いっぱいのドラマ(*^^*)嬉しい

三つ巴マンの
破壊力よ…w

カテゴリー: イキウメ

『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』に、行ってきた。

kikkai-3

 

 

 

 

 

kikkai-4

 

遠野物語・奇ッ怪 其ノ参

できることならもう一度観に行きたかった。

できることなら岩手公演に行ってみたかった!

ただ、一度だけのこの観劇の思い出を

大切にしておきたいお芝居のような気もする。

東北のかた、ぜひ。

カテゴリー: イキウメ

カタルシツ『語る室』感想おえかき

katarushitu

イキウメ別館”カタルシツ”による
語る室

前回、初めて拝見したカタルシツ公演が
安井順平さんの一人芝居だったので
七名の出演者のみなさんがいる今回の公演は
いつものイキウメさんの公演と、どう違いがあるのかな?
とそこがちょっとふしぎだったけど
そんなの全然おいといてやっぱり今回もおもしろかったし
安井さんはやっぱり、男兄弟によるカチンとくるひとこと
を言わせたらピカイチ。
前回のイキウメ公演『聖地X』でのお兄ちゃん役も
今回の公演の、弟役も
私の、実家にいる弟とちょいちょいだぶってみえてw
ひじょうに、イラッとする。
一番カチンとくるところを正確に突いてくるとことか
なのにこっちが弱っていると、とまどいながら心配してくるとことか
うっさいうっさい!と思う。
ごめんねw

安井さん、ゆうくん(my弟)
大好きです(*^^*)


♪関連記事♪

chikashitsu

seichi-X5 domino

カテゴリー: イキウメ

イキウメ「聖地X」ちょっとだけ感想おえかき

seichi-X

たとえば路上にとめてある一台の自転車。
そのままだとそれは、あたりまえだけど、一台の自転車
誰かの脚となる、乗り物としての自転車。

だけど

 

seichi-Xkan1

誰かが自転車のカゴに缶をひとつ捨てたとする。
悪意のある誰かの、もしくは悪意もなくただそこに自転車のカゴがあったから捨てたってだけで悪意とかじゃないよ、まあ…みたいな、悪びれない誰かの。

seichi-Xkan2

そうなるともう、持ち主の知らぬ間に次から次へと
自転車のカゴにはゴミがつっこまれてゆき

自転車は、自転車じゃなくなる。
ゴミ箱 になる。

あ、ゴミが捨ててある。
これは ゴミ箱 なんだ。

そんな、人間の思い込みの怖さのおはなし。

だからって、ゴミはゴミ箱へ!みたいな、おはなしではなく。
ゴミが捨ててあったら、もうそれは自転車ではなく
ゴミ箱にしか見えなくなってしまう、人間の心理

「聖地X」は
そんな、人間の思い込みのふしぎのおはなし。

 

 

seichi-X2

ただの原っぱに、岩っころをころがして

seichi-X3

こんなの垂らしておけば、そこにゴミを捨てる人がいなくなるんだって。こんなのっていうか紙垂ね。作り方はネットで調べればすぐでてくるのね(笑)

seichi-X5

ここは神聖な場所である、という人間の思い込みが
その場所に、神聖なちからをもたらすのではないか。

神聖な何かに、願い、希み、叶うということは
思い込みのちからの、はたらきなのではないか。

面白半分の祈り(思い込み)には、面白半分なりの結果を。
本気の祈り(思い込み)には、本気の結果を。

結果をもたらすのは、思い込みのつよさ。

「聖地X」、そういうおはなし!
うまく説明できないけど…
面白そうでしょ(*´艸`)面白いんだからー!!!
すこぶる。

イキウメ「聖地X」は
世田谷パブリックシアター•シアタートラムにて上演中♪
東京公演は、5月31日(日)までです。
すこぶる、オススメです(*^^*)もう一回いきたい〜!

公式HPは こちら

うぅ〜〜もう一回いきたい〜!

seichi-X4

自転車がゴミ箱と認識されないための一案…

 


♪関連記事♪

chikashitsu domino

カテゴリー: イキウメ

すこしふしぎな『関数ドミノ』

domino

 

劇団イキウメさんの舞台

関数ドミノ』に、いってきた!

 

「ドミノ幻想」では、
世界はある特定の人間を中心にして回っていると考える。

願ったことが必ずかなうドミノという存在がいる。

右か左か、進むか止まるか。二者択一の洪水の中、
ドミノによって、行く末が決定されていく。

ドミノは思いの強さに比例し、スピードを上げる。

最も速いものは「ドミノ一個」と呼ばれ、
願った瞬間に結果が現れる。

それは「奇跡」と呼ばれる。

 

???
この、なぞの、文言!
言ってること、わかるようでわからない…
この、ふしぎなふろしきをちょっと広げてる感じが気になって
春先から楽しみにしていた舞台だったのです。
正解でござった(´▽`)ノ
フライヤーのあおり文句には(”。”)だったおばかなワタシでも
本編はとってもわかりやすく、面白く、すこし•ふしぎで。
ちょっと三木聡さんのような不思議感。
面白かった頃の、世にも〜をみてるようなゾクゾク感。
『おとうさんがいっぱい』を読み終わったあとみたいな
どこにも行けないこわさ。
ラストは初演と変わったそうだけども、どう違ったのかな?!
最後は、逆でもぞわっとくるんじゃないかなと、思ったけど!
真壁さん以外が、ね…(m´ρ`)mフフフフF…
真壁さんといえば。
演じられたのは、安井順平さん!

『ステキな金縛り』の時の
KANさんにそっくり

あのいらいらする、かんじっ!!
けど、すっごいモソモソ喋ってるのに、ききとりやすい。
俳優さんって、すげー!でもイライラするっ!
ていうか安井さんは、俳優さんなの?芸人さんなの?
きになります!


♪関連記事♪

furiko liberte bun1