舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」。

sgs

 

サバイバーズ・ギルト&シェイム

「サバイバーズ・ギルト」とは、
戦争や災害、事故、事件などに遭いながら、
奇跡的に生還を遂げた人が、
周りの人々が亡くなったのに 自分が助かったことに対して、
しばしば感じる罪悪感のこと。

そして、
「サバイバーズ・シェイム」とは、
生き延びてしまった恥ずかしさのこと。

 

 

このあいだ「五年目のひとり」っていうドラマ見たんです。
ああこれ”さばさばのキルト”の話だって気づいて
このお芝居のことを思い出して、絵を描きたくなりました。

たのしいシーン、かわいいシーン、まばたきもできずに固まってしまうシーン
いろんなシーン、あったんだけど
長野里美さんの「そっか、」って言うひとことが
耳にのこってる。なんでだろう。
いろんなシーンをうけて、いくつかの「そっか、」があったと思うんだけど。

もうちょっとお絵かきしたいな…このお話。こんど、また!

観に行った日、お仕事か、ロビーに鴻上さんいらっしゃらなくて。
ちょっと残念だなあと思っていたのですが
劇場をでて駅までの帰り道、信号で鴻上さんとすれ違って。
おおお…と、じっと見てしまったのに気づかれて、
にこっと笑ってくださいました。
鴻上さんって、なんか「先生」って感じがするよね(*^^*)うれしかったです。

カテゴリー: サードステージ虚構の劇団天使は瞳を閉じて

虚構の劇団「天使は瞳を閉じて」ありがとう、のおえかき

 

カテゴリー: サードステージ朝日のような夕日をつれて2014

『朝日のような夕日をつれて2014』DVD発売を記念致しましてぇ〜

asahi

 

おぼえたてのパラパラマンガで小須田さんにちょう失礼なアニメを作ってみた!!

 

私が観劇した回で大高さんがダーツを外したことはありません!多分!

贔屓目による記憶の上塗り…かも…いやそんなことはない!絶対!

 

DVD撮りの日に大成功だったことを祈るばかりなり。開封が楽しみです…!!!

カテゴリー: サードステージ朝日のような夕日をつれて2014

蟻さん、蟻がとうございました(T_T)

arisan

本日無事、お仕事がひとつ手を離れてゆきました。
この夏、グッタリしながらなんとかやりきったお仕事です。

なんかね〜
『朝日のような夕日をつれて』
があったから、変な方向に進まずに、いい仕事ができたって気がしています。
またおおげさなと思ってるでしょ〜〜〜〜(だれ?)
いや、ほんとなんだってば。ほんとなの!
蟻さんのおかげで蟻ますの!!(*^^*)
ほんとうに、蟻がとうございます。

 

エスカワさんのセリフ

私の言ってることは、あなたが理解していることと、全然違う。

に、くやしくて涙がでてきたり

 

ウラヤマさんのセリフ

誘惑は常にあるさ。
分かりやすさへの誘惑。
懐かしさへの誘惑。
妥協への誘惑。

に、へこんでる場合じゃないよ、逃げようとしてんじゃないよと
諭されてるような気持ちになったり

 

しましたなあ〜。

 

で、楽しい時間が終わったら、しぶしぶ仕事に戻って(笑)
なんとか、できました。お仕事。
でね、結果的には、いいお仕事、できたのです。
今日、ほんっっと、嬉しかった。
ありがとう
ほんとにありがとう。

なの(*^^*)

fuchiko

じつはわたくし
フチ子さんを誰が演じられてたのか
結局わからなかったのですがwww
玉置さんだよね???

あれ???

カテゴリー: サードステージ朝日のような夕日をつれて2014

「旅の途中なのです。」

model

 

 

眩しく沈んでゆく夕日をトランクにつめて

旅立つときが、きましたかねぇ…

 

 

 

 

 

 

って何をおセンチ(古っ)になっているんでしょうか

あわわわわ+.(*’`*)゚+いやいやいやいや

 

こんなおセンチ(古っ)になっちゃあ、このお芝居に申し訳ない。

「朝日のような夕日をつれて」は、ひとりで立ち続ける物語なんだからネ。

さ、腰を入れて、しっかりぃ〜(*`ω´*)

 

 

 

それでは、始めます。

私は、私の旅をヽ(*^∇^*)ノ

 

カテゴリー: サードステージ朝日のような夕日をつれて2014

おうちにかえれない(´・ω・)

nokotta

土俵から降りられない(笑)

 

 

もうみんな、おうちに帰っちゃったのですね〜

ひとりでフラフープでもやります(笑)

いや〜ん、も〜〜〜

ひっぱりすぎぃ〜〜〜〜〜

なんなの、このお芝居wwwwww

 

 

そういえば、ず〜っと思ってたんですけども
“再演”って、もっとちがう言い方、ないものかな。
だって再演では、ないでしょ。
ただ脚本に違うところがあるからとか、そういうだけの話ではなくて
それぞれの時代の上演で、受け取るものが、全然違う気がするのです。
それを言い表す、もっといい言葉が、ある気がするのです。
や、脚本を全く変えずの純粋なる”再演”であっても、
その時で受け取るものは、きっと違うんだけども。

この「朝日のような夕日をつれて」というお芝居が、新しくまた上演されるという時
“再演”という言葉は、なにかがすっごく足りない気が、します。
しますが、もっと良い言葉が、思いつきません(笑)ガビーン