カテゴリー: 舞台舞台いろいろ

『ゾンビフェス THE END OF SUMMER 2019』

ゾンビフェス、初めて行きました!やっと行けました!楽しすぎて!来年も絶対行きます!!

ゾンビハマってしまいそう。怖いの全然ダメなのに。ゾンビ大好き友達に、怖くない面白ゾンビ映画をお勧めしてもらう予定です。

カテゴリー: 舞台いろいろ

「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」感想も殆ど何もないけどもとても楽しかったおえかき

nanimonai

 

ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~

を観に、本多劇場へいってきました!

 

本当に、ほとんど何もない(笑)
…と、お客さんの感想を拝見するとほとんどの方が言ってる、
もちろん私もw

ずーっと、2時間20分笑いこけてた、ほんとうに。
いやもうほんとすごい(*^p^*)
感想もあほっぽくなる、前からだけど。

脚本と演出のケラさん、新太さんや入江さんはじめとするキャストのみなさんは
ほんとに何もないところからお話を作って演じられて
舞台の上には確実にめちゃくちゃ面白いものがあったのに
なのに終ったあと観客のほとんどを「ほんとにほとんど何もないなあ」と思わせるなんて、
どう説明したらこの素晴らしさ伝わるのかわかんないけど、ほんとすごい。

よくわかんないけど、ものすごい精緻な絵を描き続けて最後に誰も理解できない抽象画を描く人たちのような。
いやでも、このお芝居はすんごい面白かったから、面白く感じるように作ってくれてるんだよね
なんだかもう例えすらうまく言えません(笑)

むずかしいことはもともと言えないので、

もーちょー楽しかった!!!大好き♡

で、いいことにする(*^p^*)
おえかきもそんなかんじでいいことにする♡

山西さんのガブリエルパパが、一瞬、本当に一瞬こまつ座っぽい瞬間があって
とてもよいことをおっしゃっていたような気がしたんだけど、前後があまりにもはげしく
まったく思い出せないのがゆいいつの心残りです…

入江さんと新太さんが「ブシャアアアアアア!!!!」と言いながら
噴き出す血の軌道を全身で表現する中学生の昼休みみたいなシーンをニッコリ眺めながら
入江さんのグレート○人芝居また観たいなあ〜〜〜って思いました♡

ガブリエルでありまた私の中ではアンドリュー宝田も忘れられない賀来賢人さん
ご結婚おめでとうございます♡

成海璃子ちゃんかわいい♡♡


♪関連記事♪

mamushirosama-1GVG0823

juzaburo matsuda

カテゴリー: 舞台いろいろ

入江雅人グレート一人芝居「マイゴールデンヒッツ」より

matsuda1

「蘇る劇団松田優作」

ばっ シティ ばっ ばっ シティ
ふぁっ シティ ばっ!!!

入江さん、大好きwwwww(*^p^*)

 

入江雅人グレート一人芝居「マイゴールデンヒッツ

赤坂レッドシアターにて、なんと本日(10/19)まで…

早い、早いよ、終るの早いよ〜〜

 

nichijomitsuke

入手杏奈グレートソロダンス
「入手杏奈日常見附」も!

一回こっきりなんて
もったいないよ〜〜〜

カテゴリー: 舞台いろいろ

グレート五人芝居「デスペラード」感想おえかき!

desperad3-1

演劇学校の同級生5人が、劇団「デスペラード」をたちあげ、
夢を追いかけ、破れ、立ち上がり。追いかけ、破れ、立ち上がり。

あきらめられない夢と、同じ時間を共有した仲間。
演劇じゃなくても、何かに熱心に打ち込んだ経験がある人なら
ぐっとくるお芝居なんじゃないのかな…

私はとても、ぐっときました。

 

5人の仲間が、とってもいい。

風貌もお芝居も濃いい長内くんw
神経質でわかりにくいけど、すごく仲間思い。

無口でぶっきらぼうな、かれん。
冷静にみんなと自分を観察していて、でも心の内には熱い思いを持ってる。

のりちゃんは、天真爛漫で、まっすぐな人。
でも、実家には立派な家業があるのに、新聞奨学生ということは
家族に反対でも、されていたのかな。
苦労を感じさせない明るさを持ってる、芯のある人。

主宰であり、脚本•演出を担当する、みぞっち。
みぞっちは物語の進行役でもあるからか、最初はどういう人なのか、ちょっとわからなかった。
一歩引いている感じがして。
あきらめたり、立ち上がったり、繰り返しているうちに
最初にみんなを誘って、劇団をたちあげた
みぞっちの熱さが、じわじわとわかってきた。

えつこ。えっちゃん。も〜〜w
キテレツな発言も、すっとんきょうな仕草も、
人の話、全然聞いてないのに、にっこにこの満面笑顔も。

最後に、あ、こういうことだったんだってわかると、全部がつながって見えて
えっちゃんはバカがつくほどお芝居が好きで、4人と一緒にお芝居をするのが、好きだったんだなあと…思うと…えっちゃんがバカをやるほどに…長内くんとギャーギャーワーワーやるほどに…大笑いしながら、切なくなって泣いてしまったよ。

5人を見ながら、私も学生の頃、みんなと
褒め合ったりけなし合ったり、ケンカしたり泣いたり、仲直りしたりしながら…一緒にいろんなものを作ってたなあって、思い出したよ。みんな元気かなあ。

私、入江さんのお芝居を見てると「みんな元気かなあ」っていつも思うの(*^^*)ふふ
お芝居の中の人たちが、あの頃のクラスのみんなのような気がしてくるの。
行ったこともない、知らない場所が舞台なのに、懐かしくなるんだよね。
なんでだろう。

そして、ただ懐かしさを感じて終るのではなくて
あの頃を懐かしく思いながら、人生は続いていく、これからも
すこしだけ明るい未来のほうへ。
入江さんの物語は、いつもそういうふうに終ってくれるから
せつないけどさわやかな気持ちで、明日っから私も頑張りますかい!
って気分になるんだ(*^o^*)

もし、ご予定が合う方がいらっしゃればぜひ。とってもいい時間をすごせます。
グレート五人芝居「デスペラード」
5/20(水)まで、赤坂RED/THEATERにて!

公式HPはこちら

たった5日間しかやらないのか…ううもったいない…!

desperado2
終演後、それこそあの頃…10代の終わりからずーっと一緒にいてくれている友人がしみじみひとこと

「私たちも、お互いオーバーオールを着ていた頃から知っているわけでさ…」
「は?!私、オーバーオールなんて着てなかったよ」
「ハァ?!!着てたー!着てましたー!!!あなたはオーバーオールの下に青空模様のTシャツを着てましたーーーー!!!」

オーバーオールに青空T……
だせえ…ダッセー…長内くんのこと笑えない………

 

 

 

one-two

yanagawa

 

boat


♪関連記事♪

pippi ookami family

カテゴリー: アイムホーム舞台いろいろ劇団☆新感線

「アイムホーム」から勃発する春の水野美紀さま祭り

family

家路さんはなぜ香さんやすばるちゃんと別れて、今の家族と一緒になったんだろうねえ…

香さんとすばるちゃんとの思い出がとても暖かく、明るいものとして家路さんの中に残っているようだから、なおのこと謎が深まります。

この、シャボン玉の写真。いいよねえ。
(頑張って木村さんの筆跡に似せてみたヨ!!どうでもいいうえに!!ムズイ!!!)

香さんを演じられるは水野美紀さん(*^^*)好き好きー!
彩ちゃんももちろん好きだけどw
彩ちゃんが30歳くらいで、美紀さんは40歳くらいでしょ、やっぱり木村さんの家路さんには美紀さんのほうが似合っているように見えちゃうの。今のところ。
年齢ではないといってもね。
そういう狙いがあるのかもしれない。これからが楽しみです…!

さて水野美紀さんといえば私に取っては、やっぱりいつまでも思い出す
大好きな「踊る大捜査線」の雪乃さん♥

…だったのだけど
最近、もっと好きな水野美紀があらわれたのだ。

 

 

akaranbee

劇団☆新感線『髑髏城の七人』より
無界屋蘭兵衛さま(アカドクロ版)!!!!!

っきゃ〜〜!
蘭兵衛さま〜〜〜〜(*^o^*)///

髑髏城の七人』は、2004年の春と秋に2回、キャストと演出を変えて上演された伝説の舞台で、新感線仲間のスマ友さんからDVDをお借りしておりまして、やっと私もみることができたのです!

美紀さんの蘭兵衛さまは、古田新太さんが主演の「アカドクロ」バージョン!
市川染五郎さん主演の「アオドクロ」バージョンの蘭兵衛さま、池内博之さんもものすっごいんだけど…エロ、エロいんだけど…ごほ、ごほ

美紀さんの蘭兵衛さまがとっても凛々しくて〜(*^^*)アクションもさすがだし、ニコリともしないクールなお顔に見蕩れてしまったよ〜♥素敵です♥

ああ〜…髑髏のおえかきもしたいなぁ〜…

はっ!だいじなことを、忘れるところだった!!
春の水野美紀祭りは、これでは終らないのだ。

舞台が、あるのだ!!!

 

desperade

入江雅人グレート五人芝居「デスペラード
に、ご出演なのだー(*^o^*)

作・演出は、入江雅人さん
入江さんのお芝居ね、とっても、いいですよ。
大好きです。
私は、入江さんのお芝居を観るといつも、地元に帰りたくなる。
入江さんのご出身は福岡で、私は北海道なのに。
家族に、友達に、懐かしい街に、会いたくなる
って、感じかなぁ…
郷愁を誘うお話ばかり、という訳では決してないのに。
いっつも、大笑いしながら泣いてしまう。なんでここで涙(笑)って自分でも思うような台詞や、シーンで。とん、と胸をつかれる感じがする。
「デスペラード」も、楽しみです!!
5/16(土)から、5/20(水)まで。
赤坂RED/THEATERにて!

公式HPはこちら


♪関連記事♪

pippi
グレート一人芝居から〜…
ookami
グレート二人芝居へ…
どんどんふえるw

カテゴリー: 舞台いろいろ

グレート二人芝居「狼たち」より、”演劇部のキャリー”

ookami

デパルマ版『キャリー』鑑賞中の先輩とミッキー♪

 

先輩とミッキーは、たった二人の演劇部なの。
大会で発表する演目を、二人芝居の『キャリー』にすることに決めたのですが(先輩のゴリおし)
練習を重ねていくうちに、ミッキーが演じるならキャリーは女の子より男の子の方がイイ!(かわいくないから!)と先輩が言い出してw
かわいくなくない!ミッキーかわいい!!いや、それはおいといて…
オリジナルの設定と展開で自分たちだけの『キャリー』を作り上げていく、ひと夏のおはなしです。

私は、演劇部じゃなかったんだけど、とてもよくわかる。
授業なんて二の次で、吹奏楽のことばっかり考えていました(^^)
なんであんなに、熱中してたんだろう。
朝から晩まで、よく練習したなあ…
そして、演劇に熱中しながらも、これを一生続けていくことは
できないんだろうなあと、諦めている先輩の気持ちも、おぼえのあるもので
観ているあいだ色んなシーンでぐっときてしまいました。

ラストも、良かったなあ…
東京で演劇の学校に入ることにした先輩に
ミッキーが、私も卒業したら東京に行く!
また先輩とお芝居を一緒にやりたい!!
って、言うんだ。

でも、先輩がミッキーと会ったのは、それが最後。
そのあと、ミッキーがどうしたのかは、わからない。
先輩は、演劇をお仕事にして、大人になっている。

ミッキー、演劇は、楽しいよ。

先輩の言葉で、幕がおりるんだ…

 

あのころ、あんなに濃い時間を共有した仲間たち。
みんなどこで何をしてるんだろう?
そんなことを思って、ちょっと泣きたくなった。
私は元気です、みんな元気ですか?

なんてね(*^^*)

 

 

そうそう、噂どおり
劇場MOMOの温度は
先週来た時より、5度は低かった(笑)
汗だくだくの、清水さん仕様ですね(*^p^*)

 


♪関連記事♪

pippi

カテゴリー: 舞台いろいろ

グレート一人芝居★サマー・オブ・ザ・デッド(m´ρ`)m

pippi

入江雅人さんのグレートな一人芝居
サマー・オブ・ザ・デッド」に、いってきました(m´ρ`)m
ゾンビものの短編、なんと5本。
100人も入らないような小さな劇場で
入江さんのお芝居をひとりじめきぶん!!なんて贅沢!!
はあ〜〜〜面白かったヽ(*´∀`*)ノ.+゚
はあせつなかった〜〜。゚゚(´□`。)°゚。

おえかきは「ライフ•オブ•ザ•リビングデッズ」より
三浦くんとピッピちゃん。

ピッピちゃんは、きっとこんな感じだ!!と
斉藤和義さんの『ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
PVのおんなのこ(▽_▽¬ゝを、参考にさせていただきました。

 


真っ赤なハートは奪えない♪

イッツオッケイ♪イッツオーライ♪♪

これは…腰フリダンスを踊りたくなる曲です(*>艸<)

 

私、入江さんのお芝居を生で拝見するの、このたびが初めて。
劇団☆新感線「レッツゴー!忍法帖」のDVDにて、
入谷蔵之進さまの「なんでも太郎」のお話で、心わしづかみにされたあのときから
いつか絶対、この人のお芝居を見なくては!と心に誓っておりました。

地下鉄なんて、キセルだ!!(お客さーん!)」

なんでも太郎…なんでもだね(m´ρ`)m

そして終演後、また嬉しいお顔を拝見♥
遠藤検事…じゃなくて事務官wwwいらっしゃってました(*´∀`*)
HERO、いつも楽しみに見てマース♪
と、こっそり電波を送っておきました〜(m´ρ`)m